ひび割れを見つけたら…

外壁にクラック(ひび割れ)が多く認められる。
基礎部分に幅1mm以上のクラック(ひび割れ)が認められる。


 

このような場合は、築年数にも寄りますが耐震性能に疑問ありと考えます。

 

また、構造計算上の不備から家自体の過重が一箇所に集中してクラック(ひび割れ)が

発生する場合もあります。

これらの場合、地盤の沈下の疑いもありますので、専門家の診断をお薦めいたします。

 


logo.jpg地盤沈下の診断、修正工事は 【お家の傾き救急隊】

お引き受けいたします。

左のバナー又は、上記のサイト名、下記のURLをクリックするとジャンプします。

                  http://katamuki99.com/index.html

 

▲このページのトップに戻る