8つの確認

建物に、あれ?と感じられたら、次の8つのセルフチェックをお試しください。

※この診断は1〜2階の一戸建て木造住宅を対象としています。

  在来軸組構法や枠組み壁工法などを示します。


 

建築年数について
・1981年6月以降である 
・1981年5月以前である ☆
・わからない ☆☆

 

お家の大きな災害について
・大きな災害もなく、その修繕もない 

・床上床下浸水、火災、車両の突入事故に見舞われた ☆☆
・大地震、崖上隣地の崩落などの災害に見舞われた ☆☆


増改築について
・増改築はしていない 
・柱や壁を一部撤去を含む増築をしている ☆

・建築確認などの手続きを省略して増築をした ☆☆


傷み具合や補修について
・現在気になるような傷んだ箇所はない 
・小さな傷みはすぐに補修を行なっている ☆

・老朽化しており、歪みや軋みに悩まされている ☆☆


建物の形について
・長方形、正方形に近い平面である 
・T字型またはL字型の平面である ☆


吹き抜けについて
・一辺が4mを超える大きな吹き抜けがある ☆

・それ以下の吹き抜けがある 


壁面について
・2階の外壁の真下に1階の内外壁がある 
・2階の一部は1階の外壁で支えていない ☆


基礎について
・鉄筋コンクリート布基礎やベタ基礎、杭基礎である 
・その他の基礎(玉石基礎など) ☆☆

 


いかがでしょうか。

当てはまるチェック項目に☆マークが付いていたら、その数を足してください。

 

☆0個  ・・・ とても健康な建物といえます。引続き日頃のお手入れを

         行なってください。

☆1〜3個・・・ 念の為に専門家の診断をお受けすることをお薦めします。

☆4〜6個・・・ 専門家の診断を受けましょう。

☆7個以上・・・ 心配ですので、早めに専門家に診てもらいましょう。

 

 

▲このページのトップに戻る